2014年11月7日金曜日

BABYMETAL:11月5日付『Grammy.com』の記事



これは大手です。米グラミー賞のサイトの中にブログ欄があってその中の記事。『The Set List』と題されたシリーズはライブレポートらしいです。

この記事はかなり褒めてくれています。昨日の『Metalsucks』の分析してうだうだ言っていた記事よりこちらの方が素直にいいものはいいという感じです。それでも欧米は分析しますね。Babymetalの弱点は…なとどありますが、それも観客にとっては何の問題もないと言ってます。

最後はかなり熱い文。Babymetalの女の子達が激しいパフォーマンスをやりとげ、男達の音楽に斬り込んで非常にパワフルにエネルギーに溢れ、その荒っぽい表現を全て自分達のものにしていると賞賛している。これは大絶賛だと思う。この記者は女性なんですね。「女の子達の頑張りへの賞賛とリスペクト」は私も全く同じ気持ち。3人の毎回全力の頑張りは胸が苦しくなるくらい心に響く。Babymetalちゃんに心から大きな拍手を送りたい。

相変わらず真面目な記事は翻訳が苦手。下手な意訳です。ともかく内容はこのようなものだと思う。


--------------------------------------------------------
リンク自由。この記事の一部をコピー、また曲解してBabymetalアンチ活動に利用することは固くお断り致します。
------------------------------------------------------------ 
元記事はこれ
http://www.grammy.com/blogs/babymetal-at-hammerstein-ballroom
------------------------------------------------------------ 

 
The Set List
Babymetal At Hammerstein Ballroom
November 05, 2014 -- 11:38 am
By Randee Dawn
New York

ティーンの女の子達のパワーを侮ってはいけない。いやそれ以上に重要なのは、赤いクリノリンスカートを着て長いピグテイルを下げた女の子達…2人のギタリストとベーシストにドラマーの4ピースバンドを率いた3人のティーンの女の子達…のパワーを侮ってはいけない。

そんな止められない勢いのパワーがあなたの前にやってきた時は…そのBabymetalというグループが夜を切り裂く間は…後ろへ下がって馬鹿みたいに騒いだ方がいい。

Babymetalとは誰だ?彼女達は3人のジャパニーズガールズ―中元すず香(16)水野由結と菊地最愛(15)。彼女達のファッションは一部ゴスと原宿スタイルに影響されており、そしてその音楽はシンセの効いたJ-pop と非常にダークなスラッシュメタルの混合(時々レゲエも入る)。海外で制作された企画物のバンドで、今年の2月にセルフタイトルのスタジオアルバムをリリースし、そして"Gimme Chocolate!!" "Head Bangya!!"などの曲でLady Gagaやアメリカの音楽好きを魅了した。

そして114日、彼女達はあらゆる全ての(プラスそれ以上の)メタルトリックを持って、ニューヨークでの最初のパフォーマンスをHammerstein Ballroomで行った。何でもあり。Babymetal はやる。6フィートの火柱?-✔有、花火?-✔ 有、ストロボライト?-✔有。長いギターソロに巨大なLED スクリーンを満たす神話型に強調された大宣言「全てのヘビーメタルの道はUSAへと繋がる?」-✔有✔✔大有。

しかしBabymetalの女の子達は自ら楽器の演奏をしない(バックアップミュージシャン達は一度のみならず数回の名前の無い長めのインスト曲を披露して彼女達を下から支える)そのかわり彼女達はステージ中央のプラットフォームから現れ、非常にタイトなグループとして(ショーの間メンバーは3人、また2人、ソロで)歌い、そしてメインステージに飛び出して元気いっぱいの凝ったダンスの振りでくるくる回りながら移動し、殆ど全ての曲を日本語で歌う。しかし彼女達のファンは全ての歌詞と正しい手の振りつけを覚えていて言語(の違い)は障害にならない。

Babymetal を解き明かすのは不調和/不協和音の認識だろう:可愛いティーンの女の子達がチョコレートを食べることを…スーパーキャッチーなコーラスと共に様式的なハイパーマッチョデスメタルのノイズで…歌う。しかし成功しているのだ。彼女達は抜きん出るほど見て素晴らしく、ヘッドバンギングノイズから踊れるギーギーなポップス(Uki Uki * Midnight )へとスライドし、そしてパワーバラード(Rondo Of Nightmare)へと移る。

もしBabymetalになにか弱点があるとしたら、彼女達のライブは多少事前にプログラムされすぎているように思えることだろうか。彼女達がファンに向かって「皆に会えて嬉しい」と甲高い声で叫んだショーの最後まで、観客とのやりとりはほどんど無かった。しかしそれも言葉の壁を考えれば十分理解できるものだろう。それにしてもYoutubeのビデオで彼女達が「ギミチョコ!」を演じるのを見るのは、ほぼ彼女達のライブがどうなのかを見るのと全く同じなのだ。(そんな)自然さに欠けていることも、観客のリアクションや時々現れるクラウドサーファーを邪魔することはないようだ。

それはともかく、Babymetalでの本当の驚きとは…振り付けされたダンスの可愛らしさの下に見えてくる真実この女性達が非常に激しくロックし(揺さぶり)大きな音でロックし(振動させ)そしてその任務をやりとげることなのだ。彼女達は(客の)統計や分析、購買のパワーなととは一切関係なくとにかくパワフル。彼女達は伝統的な"男の"音楽を覆し、大音響の理屈抜きの本能的な心の底からの怒りの表現を自分達のものにしているのだ。彼女達は女である―その咆哮を聞け。

-------------------Set List
"Babymetal Death"
"line!"
"Uki Uki * Midnight"
"Rondo Of Nightmare"
"Song 4"
"Catch Me If You Can"
"Akatsuki"
"Onedari Daisakusen"
"Megitsune"
"Doki Doki * Morning"
"Gimme Chocolate!!"
"Head Bangya!!"
-------------------Encore:
"Ijime, Dame, Zettai"

--------------------------------------------------