2014年7月15日火曜日

BABYMETAL:7月11日付『i-D』誌のインタビュー記事



早速英国メディアの記事を。なんと…かの有名な『i-D』誌でゴザイマス。これもまた凄い所がきましたね。超有名。それもカッコイイ系、お洒落系の雑誌です。内容はファッション、音楽、アート、若者文化関連で、かの『Vogue』誌のアートディレクターが1980年に創刊。お洒落系の若者が読む雑誌。超有名。

…とは言っても私はあまり手にとったことがない…。こういう系統の若者向けのお洒落系雑誌は結構あって、以前きゃりーぱみゅぱみゅさんが『DAZED & CONFUSED 』誌に大きく採り上げられてましたが、たぶん同じような雑誌なのかな。これもストリートファッションを中心に、かっこいいもの、面白いものを追う雑誌であることは同じだろうと思います。BABYMETALのコンセプトの面白さがアンテナにひっかかったんでしょう。そんな雑誌にとりあげられたというのも、かなり大きな事件です。ほんとにすごいですね。

…というのも、今まで海外のメディアでBABYMETALに興味を示していたのは強面系のメタル雑誌がほとんどだったんですよ。いくつかの大手のメディアもバイラルに流行ったことから興味本位的な記事を書いてくれてましたが、突っ込んだ記事はメタル雑誌(またメタルリスナーに向けた記事)が多かったと思う。何がどうなってお洒落系ファッション雑誌に取り上げられたのか…は大変興味深いところ。

この記事は『i-D』誌のウェブ版だと思うのですが、タイトルページの、いくつかある表紙用のビジュアルにBABYMETALがあるんですね。BABYMETALの文字にカーソルを合わせると出てくるのがこれ。

 

それをクリックすると出てくるのが記事ページ。なんとトップのページに出てるんですね。びっくり。たいしたものだな…。
 
記事を読むとBABYMETALの遊ひ…メタルへのパロディやオマージュ、ユーモアなどがかなり伝わってるらしくて、それが非常に嬉しい。まずこの記事の最初の文章「Two years ago, in a country far, far away...2年前、遠く遠くはるか彼方の国で…)」は、映画『スター・ウォーズ』のオープニングのまんまパロディです。もちろん今回のライブ前のオープニング映像が『スター・ウォーズ』風でしたからそれを受けてのもの。このあたり、あ…通じてるな…面白がってくれてるな…ととても嬉しい。ほんとに音楽もメンバーも素晴らしいけど、BABYMETALプロジェクトを覆うパロディ感が、実は非常にウケているという…。英国人はこういうのが好きですもんね。驚きと喜びで胸が一杯になりますな…ほんと。
 
以下、またいいかげんな意訳。
 
 
------------------------------------------------------------ 
元記事はこれ
------------------------------------------------------------ 

BABYMETAL are bringing kawaii-metal to the world
BABYMETALはカワイイ-メタルを世界にもたらす)
2014711
By Francesca Dunn

(スターウォーズ風に)2年前、遠く遠くはるか彼方の国で…ポップミュージックのとある時代、日本の秘密基地から飛び出した反乱軍アイドルが、この退屈な音楽帝国で最初の勝利を収めた。その戦いの最中、キツネ様(狐神)が最高の武器- BABYMETALを明らかにした…そのBABYMETALとは、メタルレジスタンスを実行し、そしてこの銀河系の音楽の自由を取り戻すほどの(力強い)パワーを持ったカワイイメタルバンドなのである…。

(このバンドは)16歳のシンガーSU-METALに率いられ、YUIMETALMOAMETAL(ともに15歳)は、(トレードマークの赤と黒のゴスロリの衣装を着てキツネ様の印を振り回しながら)BABYMETAL DEATH,Headbangya!! Gimme Chocolate!などでスクリームとダンスを披露する。今年の初めにリリースされたセルフタイトルのデビューアルバムは、スレイヤー(スラッシュメタルバンド)と最高のダンスゲーム用賛歌を混ぜ合わせたたような…そのユニークな音で世界中でチャートのトップに到達した。これがとんでもなく素晴らしいのだ。今まで誰も見たことのないような、そのとてつもないエネルギーとパフォーマンスで、新しい伝説は生まれた。つい先日、ソニスフィア(フェスティバル)でアイアンメイデンと同じステージで演奏し、またもうすぐレディ・ガガのツアーに参加するBABYMETALを、バンドの最初の初めてソールドアウトのロンドン・ショーの直前に、くすくす笑いで一杯のインタビューを通り抜けながら白昼夢想した。

●ロンドンはこれまでいかがですか?
SU-METAL:景色が綺麗ですね、それに皆さんとても優しい。とても楽しんでます。

●ソニスフィアはどうでした?
SU-METAL:あんな大きなステージでライブをするのは初めてだったので、始まる前はとても緊張しました。お客さんが応援してくれたのでとても嬉しかった。

●以前あなたが大好きだと言ったアイアン・メイデンと同じステージで演奏したわけだけど、どうでしたか?
SU-METAL:実はあの後もあそこにいて、彼らのパフォーマンスを見たんですが「私達ってあの人達と同じステージでやったの?」なんて言ってました。本当に信じられない。

●それに伝説的なメタルバンドとも会ったでしょう?
SU-METAL:はい!ソニスフィアのバックステージでBABYMETALTシャツを着ていたんですけど、そのTシャツがアンスラックスとかスレイヤー、メガデスを参照(オマージュ/パロディ)してて、皆それに気付いて話しかけてくれたんです。それでいくつかのアーティスト達と一緒に写真も撮ったんですけど、すごくステキだった(嬉しかった)…。

●キツネ様について教えてください。
SU-METAL:キツネ様には会った事がないのでよくわからないんですが、でも私達はいつもこの小さな神様からメッセージをもらうのでそれに従ってます。この欧州ツアーもキツネ様に導かれてやってるんです。私達はこれまで想像もしなかったような事を沢山実現できたので、本当にこれはキツネ様に導かれているんだと感じてます。

●メタルミュージックを聴くとどう感じる?怒る?パワフル?
SU-METAL:私と音楽の関係性にもよるんですが、いつもライブでは普通の時とは違って感じます。普段の私はシャイで、実際にダンスをしたりヘッドバンギングをしに行くこともないんだけど、SU-METALになってライブをやるときは恥ずかしくないんです。だからライブの時は新しい自分を発見します。

●レディ・ガガをサポートするんですね。ドキドキしてる?
SU-METAL:私達全員凄く楽しみにしてます!夢みたいです。

●レディ・ガガの音はカワイイメタルとはずいぶん違うけど、彼女のファンはどう受け取ると思う?
SU-METAL:そうなんですよ。音楽的には全然違うんです。だけど私達自身もBABYMETALの前にはメタルを知らなかったんです。最初に聴いたときは「なんだこれ?」と思ったんだけど、(メタルも)とても興味深いし楽しめるようになったので、普段メタルを聴かないレディ・ガガさんのファンの皆さんも、私達と同じように感じるかもしれません。

●もしBABYMETALをやっていなかったら、今何をやってたと思う?
SU-METAL:学校に行って普通にお勉強してたと思います。外国に行ってとかなんとか…なんて無かったと思う。

●どこかまだ行ってないところで行きたいところは?
MOAMETAL:オーストラリアに行きたいです。コアラを抱っこしてライブしたい!(←喜べ豪州ファンども!)

●どのチョコレートのタイプが好き?
MOAMETAL:ミルクチョコレート
SU-METAL:ダークチョコレート(←大人やね)
YUIMETAL:ミルクチョコとホワイトチョコレート

3人でデスマッチをやったら誰が勝つ?
(じゃんけん)…でMOAMETALに決める。

MOAMETALさんとYUIMETALさんは先日誕生日だったそうですが、どうやってお祝いしたの?
YUIMETAL:私の誕生日はパリのショーの日だったので、「ヘドバンギャー!!」でいつもはSU-METALがリードを歌って私達が叫ぶところで、(誕生日だったので)私がリードを歌いました。それにファンの人達がハッピー・バースデイ・サインを掲げてくれてたのでとても嬉しかったです。

●プレゼントは何をもらったの?
MOAMETAL:お花とケーキ!

●何?(←on your riderの意味がよくわかりません)
MOAMETAL:フルーツとポテトチップとチョコレート。

●キャラクターの中でどれが自分に一番近いと思う?
MOAMETAL:私の好きなアニメは「Love Live」でそのキャラにHonoka Kosakaというのがいるんですけど、それが一番似てると思います。でも一番なりたいのは「風の谷のナウシカ」のナウシカかな。
YUIMETAL:私は「リトルマーメイド」になりたい。そしたら海に住めるから。
SU-METAL:私は「マンマ・ミーア!」の主人公になりたいです。とてもポジティブな人だからです。

babymetal.jpへのリンク

------------------------------------------------------------
最後の方は、いかにもアイドルインタビューな内容ですが、とにかくカワイイ。しかしSU-METALさんは、かなり落ち着いていて内容もサラっと素直に、きちっとした言葉で話していて素晴らしいです。キツネ様への質問も上手くあしらってるし、レディ・ガガに関する多少トリッキーな質問もかなり上手くこなしている。「普段はシャイ」だと言ってますが、いやいやこの落ち着きぶりは既に大物かも…。