2014年6月25日水曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第25回「栄華の極み」



今週はなんとなく落ち着いて見れました。なんとなく昭和の頃の大河っぽいリズム。何故かはわからなかったんだけど、2回目に見たとき場面の切り替わりを数えたら、今週はいつもよりシーンの切り替わりが少ない。たぶんそのせい。相変わらず事件があまり起こらなかったので、1場面1場面が結構長い。たぶんそれで落ち着いて見れたんだろうと思う。

今週から明智さんにスポットライトが当たり始めた。それから宇喜多さんが退場。毛利側の宇梶さん…清水宗治登場。ノブ様はまずますオレ様。天皇はご不満。そういう回。


★あらすじ

天皇はエラソーなノブ様が面白くない。そこで明智光秀になんとかしろと伝言。宇喜多さんが病死。その際、秀吉が宇喜多さんの奥さんと子供を引き取る。ノブ様はますますオレ様。官兵衛の息子・松寿丸君が成長して長政に変身。


●流れと感想

姫路城 黒田家は子沢山で賑やかだ。
近江・坂本城 公家の吉田兼和さんが明智光秀を訪ねる。吉田さんは素晴らしい公家声ですね。正親町(おおぎまち)天皇はノブ様のワガママに困っているそうだ。明智さんはなんとかしてくれと頼まれる。明智さんは真面目なのね。
姫路城 リフォーム後の城が綺麗。お、秀吉がいるのね。毛利攻めの軍議。官兵衛君、明智さんを「探っておきたい」と言ったぞ。信頼してないの?
近江・坂本城 官兵衛がやって来る。ところで光秀の娘・倫さんは村重の息子の嫁だったそうだ。泣く。この女優さんは顔が昭和顔。しかしなんで出てきた?
・ところで村重は今安芸にいるそうだ。明智さんが、急に官兵衛に部下になれと誘ってくる。丁寧にお断り。
・またここで官兵衛、公家の吉田さんとも会う。公家声がいいな。ここでもノブ様への文句を聞かされ、やんわりと「こちらにいらっっしゃい」と言われる。
岡山城 宇喜多さんは病気。秀吉と官兵衛が訪ねる。宇喜多さんに「嫁・お鮮と息子をたのむ」と頼まれる。奥さんを物のように「あげる」と言われて驚く秀吉。宇喜多さんは「秀吉が天下を取る。信長は危うい」と言う。よくわかるなこの人。どこまで見えてるの?
・秀吉がお鮮ちゃんに寝込みを襲われる。秀吉大喜び。宇喜多さん死去。
安土城 ノブ様とアフリカ系弥助の出会い。気に入ったらしい。ノブ様、なぜか子供のように大はしゃぎ。濃姫も喜ぶ
姫路城 おねさんがやってくる。光ちゃんと打ち解ける。その夜パーティー。
・朝、うっかりおねさんにお鮮ちゃんのことがばれる。秀吉がおかしい。二日酔いだな。
・そしてなんと光ちゃんご懐妊。
安土城 ノブ様は相変わらずインテリアの趣味が悪い。吉田さんがいる。ノブ様が髭をはやしたぞ。頭も剃れ!なんだか衣装の色合いと共に中国の歴史物の武将のようだ。天皇からのプレッシャーで官職を受けるように言われると「じゃあ天皇に譲位してもらおうか」と大きく出る。明智さん呆然。
・その夜、安土城のライトアップ。深刻な音楽。
・年が明けて新年のご挨拶。ノブ様「ワシは世界に行く」と秀吉、官兵衛に宣言。ノブ様この2人を何故か信頼しているらしい。
備後・三原城 毛利・小早川さんは国境の地固め。あいかわらず毛利さんちは強そうですね。おっ宇梶さんが来た。ますます強そうだ。清水宗治って水攻めされた城の殿様?ということは短期間の出演だけ?わーもったいない。とにかく毛利さんちは強そうでいい。
姫路城 松寿丸が急に成長して長政に変身。


ところで最初の姫路城での秀吉軍の軍議で鳥取を攻めると言ってたのに、ナレーションでの説明もほとんどなくいつの間にか敵は降伏してました。ぇええええええええええまた官兵衛君の作戦の戦を完全に飛ばしたのかよー(怒)!うわー…。