2019年2月15日金曜日

お猫様H:幸せ



午後のブラッシングの後の濃密な時間を過ごしております。
イイキモチ
 突然欠伸をする
 ああ
ちょっとお返し


2019年2月14日木曜日

星野源 - SUN (2015)

 
 
この曲、知らなかったわ
 
 
 
Gen Hoshino - SUN (2015)


SUN - EP
 Album:  YELLOW DANCER
 
 
この曲は20115年の大ヒット曲だそうです。ひゃ~今まで知らなかった。すごくキャッチーないい曲。あ、ああ、ああ、ああーあーあ、ああ、ああ、ああ…がいいですね~。どこかで聴いていたかも???
 
さっき書いた紅白の感想でこの曲がよいよいと書いたのですが、ワタクシ今日まで『おげんさんといっしょ』という番組のことも知らなかった。これもかなり有名らしい。面白そうだ。ほー…やっぱり日本のことでここまで聞えてこないことってあるんですね~。この番組はこの地でも放送されたのだろうか?いやー知れてよかったです~。
 
紅白では赤バンダナの雅マモル君のダンスがすごく面白かった。ノリがいい。何度も見たくなる。この曲がいいのやね。ところでおげんさんはマルチプレイヤーなの?すごいな。記録します。
 
紅白は色々と面白い場面が多くて録画を消せない。
 
今大きなくしゃみをしたら、猫がびっくりして起き上がったぞ。
今日は鼻風邪をひくぐらい寒い。


 

紅白歌合戦観戦記 2018/12/31



忘れた頃にやってくる紅白の感想。いやー今年も遅くなった。番組はもちろん年末に見たんですけど、後で感想を書くためにもう一度全部見直そうと思うとなかなか時間がとれない。昨日やっと見れました。

今年も元気がよかった。全体にわいわいがやがや元気がよくて楽しければいいですね。こういう番組はお祭りなのでとにかくガヤガヤワイワイ楽しめればいい。面白かったです。

またまた恒例の「いいな」と思ったアーティスト/シンガー/グループの皆様のピンポイント感想。思いついたままうだうだ書きます。

おっとその前に…、

最初に審査員の方々はちゃんと紹介した方がいいと思います。全員紹介せずにうやむやになっていたのですごーく気になった。それから歌手の方が歌っている上にスポーツの写真を被せるのはちょっと歌手の方に失礼ではないかと思う。歌手の後ろの一人のダンサーもいらないでしょう。私は歌っている方々を見たい。チコちゃんは結構時間を取っていましたがどうして?お子様に人気なのかな。可愛いですけどね。寸劇もほどほどに。もっと歌が見たいと思った。
 
そういえば今年は舞台の後ろにバンドは入ってました? カラオケの曲も結構あったように思ったけどどうかな?
 
それでは感想。私は特に演歌好きではないんですけど唯一紅白歌合戦では聴き入ります。私はエンタメの基本は演者から出るエネルギーだと思うのですが、演歌の方々はやっぱりすごいと思います。
 
それでは今年の楽しかったリスト。

 
20181231
紅白歌合戦
NHKホール

坂本冬美「夜桜お七」:私は坂本冬美さんが好き。お歌が上手い。そしてお顔が好き。黒の着物も綺麗です。とてもいい女。かっこいいですね。
郷ひろみ「GOLDFINGER'99GOGO2018~」:郷さんはいつも郷さんだからいい。お若いです。リッキー・マーティン懐かし。
山内惠介「さらせ冬の嵐~刀剣男士コラボスペシャル~」低音がいい。気持ちのいいお声。お綺麗な方ですね。
丘みどり「鳰の湖」:お若いお嬢さんなのに野太いドス声が彼女の魅力。いいですね。
天童よしみ「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」:天童よしみさんはいつもいい。
あいみょん「マリーゴールド」:いい歌。楽器の音も気持ちいい。
水森かおり「水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~」:いい声。消えたと思ったら衣装変え。
Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~」:この演出は面白い。Perfumeにもこういう演出でやってほしい。
刀剣男士「刀剣乱舞~出陣!紅白歌合戦~」:面白い。派手。踊りながらちゃんと歌ってるのがすごいぞ。
Aqours「君のこころは輝いてるかい?」:アイドルアイドルして小さくて可愛い。
YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン「Miracle:別世界。Yoshikiさんがニコニコ嬉しそう。
おげんさんファミリー「Sun:余興枠なんでしょうけどすごく良かった。小さいおとうさんも可愛い。途中から出てきた赤バンダナの雅マモル君のダンスのノリが好き。このコーナーはかなり高得点。
------------------------------------------------
DA PUMPU.S.A.:元気がいい。周りも楽しそう。踊っているのにボーカルの方はかなり歌が上手い。
いきものがかり「じょいふる」:よく動いてるのによく声が出る。
AKB48「恋するフォーチュンクッキー」:タイで人気。こういうのは面白い。AKB系は握手券CD商法をやらなければいいのにと思う。
King & Prince「シンデレラガール」:華やか。曲もいい。歌もいい。
PerfumeFuture Pop 紅白SP:私はPerfume3人が大好きなのよ。しかし近年の…彼女達の姿をスクリーンや映像で隠してしまう演出はどうもいけない。彼女達がよく見えないからイライラする。綺麗でダンスの上手い女の子達なのにもったいない見せ方。視点移動型のぐるぐるまわる演出もうんざり。舞台芸術は舞台で完結させるべし。好きだから文句が出る。
三山ひろし「いごっそ魂~けん玉世界記録への道、再び~」:けん玉世界記録おめでとう!画面の右下でけん玉を見せていましたが、曲の間ず~っと三山さんがカメラ目線でお歌いになってました。歌にエネルギーがあってよかったです。
北島兄弟「ブラザー」北島三郎「まつり」:紅白ならではのお祭り騒ぎ。皆も楽しそう。
SuperflyGifts:なんと綺麗な声。いい声。素晴らしい。
三浦大知「Be Myself~紅白スペシャル~」:これはすごいな。古典的なマイケル風の見せ方ですが、踊っているのに歌も上手い。これだけ動いているのにすごいな。
aiko「カブトムシ」:よく通る声。電球の演出が綺麗。しかしこの歌のメロディは難しい。
松田聖子「SEIKO DREAM MEDLEY 2018:聖子ちゃんもいつまでも聖子ちゃん。阿部サダヲさんの嬉しそうな顔がよかった。
氷川きよし「勝負の花道~世界に響く和太鼓SP~」:きよしくんがウェービーヘアよ。スターウォーズ風からウルトラマン。太鼓もすごい。
椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」;演劇的。お二人ともエネルギーが同じ方向を向いているので交互でそれぞれ歌う場面はいいのだけれど、混ざると危険。
松任谷由実「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」:ユーミンは低い声がいいお声。超大物オーラがすごい。かっこいいお姉さん。ユーミンが来て下さってみんなが幸せになったのがよかった。
米津玄師「Lemon:上手い。いい声。魅力的なとてもいい声。いい曲。
MISIA「アイノカタチ 2018:今年の紅白で一番。本当にいいお声。パワフル。上手い。心動かされる。日本にいたらライブを見に行きたい。ルックスも好き。会場が彼女のライブみたいになった。すごいわ。かっこいい。旦那Aが彼女は本物だと言った。
ゆず「うたエール」:このDUOは右の方の高音のハモリがポイントですね。上手い。
石川さゆり「天城越え」:これもよかったですねぇ。さゆりさん最高。この歌は歌詞がすごい。和楽器と布袋さんのギターのアレンジもとてもいい。これはヘビーなロックだ。一瞬Led Zeppelinの「Kashmir」を思い出した。演歌とへビーなロックは合う。たぶんエネルギーの方向が同じなんだろうと思う。かっこいい。…(また録画を見直してるんですけど)これは本当にかっこいいです。名演。このアレンジの石川さゆりさんならLed ZeppelinWhitesnakeと互角で戦えると思う 😁
嵐「嵐×紅白スペシャルメドレー」:いい歌。嵐は全国民から好かれる気持ちのいいアイドル。ベテランだな。
サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」「希望の轍」:超ベテランのバンドが悪いわけがない。皆さんお元気。原坊お若いなー桑田さんギラギラ。やっぱり上手いバンド。…と思ったらサンバのリズム…らーらーらーららら…ギャー勝手にシンドバッド!これは反則やわ。久しぶりに聴いたわっ。サザンはこの曲でデビューなんだもんね。早口言葉みたいな歌詞は当時衝撃でした。おめにーかーか~れてぇ~ユーミン登場。踊っちゃう。好き。胸騒ぎの腰つきの歌だもの。懐かしいねぇ。なんだ番外編が一番元気がいいじゃないか。最後はベテランパワーで締めたはははは。しかしこれは50代以上にしか受けないかも~なかなかいい。

2019年2月7日木曜日

映画『グリーンブック/Green Book』(2018):己の誇りを守るために・友を守るために






-----------------------------------------------------------------------------
Green Book2018年)/米/カラー
130分/監督:Peter Farrelly
-----------------------------------------------------------------------------

 
主演の二人を好きになる映画
孤高のピアニスト・ドクター・ドン・シャーリー/Dr. Don Shirleyとイタリアンオヤジ・トニー・リップ/Tony Lip…を好きになる。
 
人種問題のお題です。アカデミー賞の作品賞にノミネートされましたね。近年、人種問題の映画が増えたように感じるのは、今の米国の状況を反映しているからでしょうか。賞にノミネートされるのならいい映画だろう。
 
内容はDriving Miss Daisy (1989)とか、仏映画のThe Intouchables (2011)の人種がひっくり返ったものだろうかと勝手に予想。確かにそのタイプの話。
 
「それぞれ別々の世界に住む二人が、徐々に近づいて友人になるストーリー」は定型どおり。だから大きな驚きがある話でもない。1962年の米国でアフリカ系の音楽家が南部をツアーをするのなら、問題が起こるのは避けられない…そこでイタリアンの用心棒が彼を守る…。こういうpredictable(予想どおり)でformulaic(定型どおり)のfeel good(気持ちのいい)映画は、定型的であるからこそ何か特出したものが欲しい。
 
この作品の魅力は、主人公の孤高のピアニストと人情に厚いイタリアオヤジの二人のやりとり。観客は彼らと一緒に旅をして少しずつ二人の心に触れることになる。
 
 
★あらすじ

1962年.ニュヨークのナイトクラブの用心棒トニー・リップ。彼はある日、天才黒人ピアニスト・ドクター・シャーリーに運転手として雇われる。ホワイトハウスでも演奏したこのピアニストは、差別の激しい南部での演奏ツアーを計画。二人は〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに出発する
 
 
まずこれが実話をベースにした映画だということに驚く。まずドクターの略歴を。
----------------------------------------------
Dr. Don Shirley/ドクター・ドン・シャーリーさんのご両親はジャマイカから米国への移民。彼は2歳でピアノを習い始め、9歳でロシアに招かれて音楽理論を学ぶ。その後米国の大学で学び、18歳にはボストンポップスオーケストラとも演奏。しかし(人種の問題から)クラシック音楽ではチャンスが無いと考え、シカゴ大学で心理学を学ぶ。しばらく心理学者として働くが、またピアノに戻る。アルバムをリリースし、クラシックを取り入れたジャズの実験作を試みる。シングル「Water Boy」はビルボードで40位を記録。Duke Ellingtonと知り合う。またボストンポップスオーケストラと演奏。カーネギーホールで演奏。TV番組に出演…
----------------------------------------------

米国北東部の都市で称賛を受けていたドクター・シャーリーが、人種差別の激しかった米国南部をコンサートツアーで回ろうと思った理由は、彼が「彼のピアノの演奏が人々の心を変えるかもしれない」と思ったから。


(ネタバレ注意)

●トニー・リップ/Tony LipFrank Anthony Vallelonga Sr.Viggo Mortensen
ヴィゴ・モーテンセンさんが別人。固太りに太っちゃって俳優さんてすごいのね。北欧系のヴィゴさんが明るい色の髪をダークに染め、ベッタリと頭に撫で付け、コッテコテのイタリア系のアクセントに身振りで、腕っぷしが強く、直情的で、情に厚く、男気に溢れ、よく食べて、声が大きく、お母ちゃんが大好きな下町のイタリアンのオヤジを熱演。しかし彼も最初はかなりの差別主義者なんですよね。
 
彼の性格は彼の父親に関する言葉でよくわかる
my father used to say, whatever you do, do it 100%. When you work, work. When you laugh, laugh. When you eat, eat like it's your last meal.(オレのオヤジは言ったもんだ。何事をやる時も100%全力でやれ。仕事をするときはしっかりと仕事しろ。笑う時はよく笑え。そして食う時はそれが最後の食事のように全力で食え)

●ドクター・シャーリー/Dr. Don ShirleyMahershala Ali
上手いマハーシャラ・アリさん。惚れましたねこのキャラ。知的な紳士。優雅。美しい瞳。このドクターも最初は打ち解けなくて堅苦しく、うーん…気難しい?と思ったのに、映画の最後はもう好き好き好き好き好き…。笑顔が可愛い。本当にかっこいい。エレガントな人。

----------------------------------------------

この映画の要はドクター・シャーリーの心です

ドクター・シャーリーは複雑な人物。彼はピアニストであるばかりでなく心理学の先生でもある。映画ではロシア語にイタリア語も喋ってましたが、彼ほど才能に溢れ知的な人物は、どんな人種であれ、1950年代から60年代のアメリカには(いやどんな時代でも)あまりいないだろうと思う。その彼は1927年生まれのアフリカ系の人物だった。
 
人は他人がどう自分を扱うのか…で自分の姿を認識するのが常。じゃあこのドクター・シャーリーのように、才能と努力で芸術家として賞賛され、社会での地位も勝ち取り、だからこそ自負心も強いであろう人物が、社会の中で虐げられる立場に置かれたら、その人物の心はどうなるのか。複雑になりますよね。
 
彼は孤独。ガードが堅い。努力と才能で地位も尊敬も勝ち取ったけれど油断は出来ない。1960年代の人種差別があたりまえだった時代には、彼のように成功した人物でさえ、一歩自分のフィールドから踏み出せば差別を受けることになる。そのことは本人も理解している。
 
だから彼は決して人に隙を見せない。朝から晩まで100点満点の優等生。完璧な紳士。それでも世間は彼を差別する。だから彼はますます自分が作り上げた完璧な紳士の「鎧」の中に閉じこもる。そうやって彼は長い間自らの誇りを守ってきた。
 
そんな彼が、人種差別の激しい南部をツアーする。
 
----------------------------------------------------------

この映画は、誰にでもわかりやすい「トニーとドクターの友情物語」の形をとってはいるけれど、実は一番興味深いのは「ドクター・シャーリーの心」。ドクターの人生を追うだけでも人種問題をテーマにした映画が撮れますよね。

----------------------------------------------------------

一番印象に残っているのは、車の中で初めてフライドチキンを食べて窓の外に骨を放り投げる時のドクターの嬉しそうな笑顔。可愛い。そしてその後のトニーのドリンクの扱いに目を大きく開けて驚く場面もおかしい。

そしてドクターの様々な表情の変化。トニーに「奥さんへの手紙の書き方」を教える様子。トニーと打ち解けて家族の話をする様子。二人でバーに出かけ、促されて「木枯らし」を弾きバンドと共に演奏する場面の彼の嬉しそうな顔。…ドクターの心の扉が少しずつ開いていく様子を見るのが嬉しい。

しかし苦難はまた何度もふりかかる。そのたびにドクターは姿勢を正し、威厳を保ち、決してとり乱すことはない。何があっても声を荒げることなく背筋を伸ばし、きちんとした言葉で相手とコミュニケーションを試みる。理不尽な扱いにも決して折れることはない。打たれれば打たれるほど彼はますます毅然として姿勢を正す。そして後でたった一人、鏡の前で涙を流す。


(ネット上で台詞が出てきたので書きとめておこう)
----------------------------------------------------------
たった一度ドクターが声を荒げるのは。トニーの言葉に対して。
…you live on top of a castle traveling around the world doing concerts for rich people. I live on the streets, you sit on a throne. So, yeah, my world is way more blacker than yours!(あんたは城の上に住んで世界中を飛び回り、金持ちのためにコンサートをやる。俺はストリートに生きて、あんたは王座にすわってる。俺の世界の方があんたよりずっと黒人的だろ)」

そこでドクターが怒る。雨の中、車から降りて一人歩き始めるドクターにトニーが駆け寄ると、ドクターは叫び始める
Yes, I live in a castle! Tony. Alone! And rich white people pay me to play piano for them, because it makes them feel cultured. But as soon as I step off that stage, I go right back to being just another n****r to them. Because that is their true culture. And I suffer that slight alone, because I’m not accepted by my own people, because I’m not like them either! So if I’m not black enough, and if I’m not white enough, and if I’m not man enough, then tell me Tony, what am I?!(そうだ。私は城に住む。たった一人で! 裕福な白人達は私のピアノの演奏に金を払う。なぜなら彼等はそれで自分達を文化的だと思えるからだ。だけど私がステージを降りた途端、彼らにとって私はただのN…(黒人の蔑称)でしかない。それが彼らの本当のやり方だからだ。そしてそんな侮辱に私はたった一人で苦しむのだ。なぜなら私は、私の側の人々(黒人)にも受け入れてもらえないからだ。私は彼らと同じではないからだ。私が黒人として十分じゃなく、白人としても十分でなく、男としても十分でなかったら、トニー教えてくれ。私は何者なんだ?)」
----------------------------------------------------------

これがドクターの本当の心。彼の孤独はどこまで深かったのだろう。今まで誰にも本音を言えなかった。自分の苦悩を誰にも言えずにたった一人で耐え続けてきた。人前で苦悩を口に出して言う事は、自分の苦悩を認めることになる。それは誇りが許さない。たとえ言ったところで、誰も彼の苦悩を理解することはできないだろう。彼が、彼を差別をしてくる白人にさえも常に完璧な紳士であろうとするのは、己の誇りを守るため。
そんな彼の信条は
 
You never win with violence.
暴力では決して勝てない。
You only win when you maintain your dignity.
 尊厳を保つことだけがあなたを勝者にする
 
 
これは真実。どんな差別に出会っても、どんな問題にぶつかっても、決して誇りを失わない。これが彼の生き方。
 
ドクターが思いがけずトニーに本音を言えたのは、長旅の間に彼がトニーを信頼するようになったから。正直に苦悩を吐き出したことで、ドクターの孤独な心はひと時だけでも救われたのだろうか。
 
 
ドクターの悲しい瞳に惚れた。トニーもいい奴。ドクターとトニーの二人の魅力でどんどん話に引き込まれた。彼等は実在の人物で、もうお亡くなりになっているのに、ドクターには幸せになってほしいと心から思った。
 
この映画で描かれたお二人が、実際にこのような友情を築けたのか? 彼等が実際にこの脚本のような言葉を言い合ったのかどうかは分からないけれど、仮にこれが実話を元に書かれたフィクションだとしてもいい話だと思う。
 
最後の場面もよかったですね。現実にはありえないような気もしますが、ハリウッド的な温かいエンディングはフィールグッドでいい。
 
マハーシャラ・アリさんのファンになった。