2020年7月15日水曜日

The Shapeshifters feat. Billy Porter - Finally Ready (2020)




大人のDISCO




The Shapeshifters feat. Billy Porter - Finally Ready (2020)
Finally Ready (feat. Billy Porter) – Single
Realeased:  26 Jun, 2020
Glitterbox Recordings
Simon MarlinさんのDJビリーさんが朗々と歌ってます。
いい部屋。ご自宅かな。いい所に住んでるなぁ。


Billy Porterさんの最近の曲。このお方は波に乗ってますね。ほんと。やっぱ歌が上手いわ。本当にうまいっ!だから気持ちいい。

ビリーさんはブロードウェイのミュージカル・スター、パフォーマー、俳優と多才なお方。50歳…なんと50歳でこんなに歌える。すごいです。大活躍。このお方はエンタテイナーとしての力もすごいがお茶目な性格もまたいい。なんか…ものすごく可愛いお方。俳優さんとしても上手い方です。

そしてアレンジはThe Shapeshifters=英国のDJ/ハウス・プロデューサーのSimon Marlinさん。


この曲はディスコですね。70年代風。Nu-Discoか。最近多いんですよ。大昔の70年代のディスコを現代に持って来たような曲。そういうのが結構売れてる。Dua Lipa の「 Don't Start Now」、Lizzoの「Juice 」、最近ではDoja Cat の「Say So」なんて良く売れてます。本当に…それCHICのベースでしょ…とか年寄りには懐かしい曲調。この曲もそうですね。

まぁディスコ系をやってくれるのなら、ビリーさんのように当時を覚えてる人がやってくれた方が嬉しい。それにこのお方はガチで上手い方。素晴らしいです。

ビリーさんは1969年生まれなのでディスコの頃は10歳ぐらいですかね。ドナ・サマーとか聴いてたのかな。


というわけでまた趣味の訳


Finally Ready
The Shapeshifters feat. Billy Porter
--------------------------------------------------------
Lately there's a little something I'm needing
近頃 ちょっと必要なものがあるの
Something found deep in a kiss
キスの奥にある何か
That's the kind of drug I've been missing
そんなお薬が足りない

I believe it
信じてる
True love can be more than just a daydream
本物の愛は白昼夢以上だって
I wanna experience a time when falling in love has real meaning
恋に落ちるときは本当の意味があるって 経験したい

I don't need eyes to see it
目で見なくてもいい
I know my heart believes it
私の心が信じているから
I wanna know if you're the one who needs my love
あなたこそ 私の愛が必要な人なのか知りたい
Tell me, could you be the one for me?
教えて、あなたは私のための人なの?


I'm ready
準備はできてる
Finally Ready to fall in love
やっと 恋に落ちる準備ができた
Baby, I'm ready
ベイビー 待ってる
Ready to fall if you answer when I call I will give it all to ya
恋に落ちるのを待ってる あなたが答えてくれたら私の全てをあげるわ


When it comes to my heart
私の心に関するなら
I think I deserve to be choosy
選り好みをしてもいいと思ってる
I'm looking for love
愛を探してるの
Flows like electricity through me
身体に電気が流れるような愛を

No, I ain't wasting time
だめ 時間を無駄にしたくないの
Playing with no part time lover
パートタイムの恋人にはならない
No, no, no
ダメ
I want what I want
本当に欲しいものが欲しい
Let the power of love take me over
愛の力に打ちのめされたい

I don't need eyes to see it
I know my heart believes it
I wanna know if you're the one who needs my love
Tell me, could you be the one for me?

I'm Ready
Finally Ready to fall in love
Baby, I'm ready
Ready to fall if you answer when I call I will give it all

---------------------------------------------------------
Written by Simon Marlin, Billy Porter, A. Martells & C. Smith.
Produced by The Shapeshifters
Releaed 26th June on Glitterbox Recordings, courtesy of Defected Records


お猫様H:横顔は黒豹のように




こういう顔を見るとおお~パンサー顔だなと思う。野生の子。かっこいいなぁ こんなにかっこいいから毎日噛まれても全然平気よ ブラッシングが終わるとすぐにひっくり返って人の手を攻撃して遊ぶんですよ 痛いけどLove Love お返しに顔を寄せて頬にちゅーをするけど人の顔は噛まない。ちゃんとわかってるんだろうなぁ。

恍惚
ウルトラマンに似てる




2020年7月10日金曜日

Billy Porter, Tory Ross - Sex Is In The Heel (Kinky Boots)(2013)



ビリーさん



Billy Porter, Tory Ross - Sex Is In The Heel (2013)
Kinky Boots (Original Broadway Cast Recording)
Released:  28 May, 2013
℗ 2013 Sony Music Entertainment/Kinky Boots LLC



というわけで昨日から何度もこの曲を聴いてる。ビリーさんの声が好きだ。も~~~~彼の声が最高。ちょっとガサガサっとした声。歌の上手い方ってこういう声質の方が結構いるんですよ。喉を使いすぎて喉が太くなったんじゃないかと思うような声。いいね。

『キンキーブーツ』はオリジナルキャストで見てみたい。しかしこのミュージカルも随分昔の作品なのですね。2013年だものブロードウェイのオリジナル。


ビリー・ポーターさんのことは2年前の米のドラマPOSEのプレイ・テル役で初めて知りました。ブロードウェイのスターだとは全く知らなかった。そしたらドラマの中で歌った歌がとんでもなく上手いのでびっくりした。それでブロードウェイの方だと知ったのです。

いや…本当に上手い人…とんでもないカリスマの人っているのね。歌声、カリスマ、ステージの上で輝く特別な人。すごいお方。ファンになりましたよ。『キンキーブーツ』も知らなかったんですよ最近まで。


彼がどんなにすごいお方なのかはこのビデオでよくわかる。賞のテレビ放送のコマーシャルの間に突然ふられて即興で歌った様子。全力で歌ってるのね。すごいわー。





歌詞も訳してみようかな。セクスセクスばかり言ってますけど、劇中での状況は…、ドラァグクイーン達が、靴工場のオーナーのチャーリーに地味な色のフラットなブーツの試作品を見せられて、「こんな地味なのじゃなくて、もっと危険なくらい派手でかっこいい…ピンヒールで高いヒールのセクシーな赤いブーツを作って欲しいと訴えている状況なのです。


Sex Is In The Heel
Billy Porter, Tory Ross
---------------------------------------------------------
The sex is in the heel even if you break it
セックスはヒールにあるの たとえ壊しても
The sex is in the heel, honey you can't fake it
セックスはヒールに あなたごまかせないわよ
Jack it up 'cause I'm no flat tire
持ち上げてよ だって私パンクしたタイヤじゃないし
Mack it up six inches higher
ほら6インチもち上げて
The sex is in the heel so just embrace it
セックスはヒールにあるの ほら受け入れて

From London to Milan
ロンドンからミラノへ
Stilettos are an ism
ピンヒールは生き方よ
In red and neon life
赤とネオンの人生で
Gimme Jimmy Choo, Choo, Choo, Choo, Choo, shoes
ジミー・チュウの靴をちょうだい

New York, Paris, Hong Kong
ニューヨーク、パリ、香港
Live it like an ism
主張して生きるの
Seduction amplified
魅惑は倍増
The heel is the transmission
ヒールは愛の伝導装置


Asserting actual scientific reason
実際の科学的な根拠を申し上げます
Heels tense the leg and the hindquarter region
ヒールは脚と下半身の領域を緊張させ
Lifting the rear and making it appear
お尻を持ち上げて 
Pert and ready for mating season
元気に発情期に相応しくさせるのです


That's the scientific view. But you know what I say?
それは科学的な見方ね。でも私ならなんて言うかしら?
The sex is in the heel
セックスはヒールにあるの
Fierce as you can make it
限りなく激しくなれるし
The sex is the appeal
セックスは魔力
Kinky boys can shake it
変態ボーイズも揺さぶって

Pump it up
気合を入れて
Till it's ostentatious
派手派手になるまで
Funk it up
もっとファンキーに
It's contagious
伝染しそう
The sex is in the heel so just embrace it
セックスはヒールにあるのよ だから受け入れて

From London to Milan
ロンドンからミラノへ
Feed that chic hot feeling
シックでホットな感じを満たして
In red and neon life
赤とネオンの人生で
Won't go nowhere without M-m-my Manolos
私のマノロなしではどこにも行かないわ

New York, Paris, Hong Kong
ニューヨーク パリ 香港
Stilettos leave 'em reeling
ピンヒールは皆を動揺させるわ
Seduction amplified
魅惑は倍増
The heel should hit the ceiling
ヒールは天井に届くべき
The heel should hit the
ヒールは天井をつくほど
The heel should hit the ceiling
ヒールはもっともっと高くしなきゃ

From London to Milan
ロンドンからミラノへ
Stilettos are an ism
ピンヒールは哲学よ
In red and neon life
赤とネオンの人生で
Gimme big red boo, boo, boo, boo, boo, boo, boots
大きな赤いブーツをちょうだい
New York, Paris, Hong Kong
ニューヨーク パリ 香港

Watch out world
世界よ見てなさい
Watch out world
世界よ気をつけて
Here we come!
私達が参上!

---------------------------------------------------------
Source: Musixmatch
Songwriters: Cynthia Lauper
Sex Is in the Heel lyrics © Our Lady Of The Rainbow Music


The Shapeshifters feat. Billy Porter - Finally Ready (2020) 歌詞和訳
Billy Porter, Tory Ross - Sex Is In The Heel (Kinky Boots)(2013) 歌詞和訳
Billy Porter – Love Yourself (2019)   歌詞和訳
MJ Rodriguez, Billy Porter, Pose cast - Love’s In Need of Love Today (2019)
Billy Porter - The Man That Got Away (2019)
Billy Porter and MJ Rodriguez - Home (2018)
Billy Porter - For All We Know (2018)



2020年7月9日木曜日

映画『キンキーブーツ・ミュージカル/Kinky Boots: The Musical』(2019):英国映画→アメリカ発→英国舞台映像



Kinky Boots The Musical Cinema Trailer

KINKY BOOTS (LONDON) RAISE YOU UP/JUST BE 



-----------------------------------------------------------------------------
Kinky Boots: The Musical2019年)/UK/カラー
135分/監督:Jerry Mitchell, Brett Sullivan
-----------------------------------------------------------------------------



米のPBSチャンネルのGreat Performanceシリーズで、去年の1129日に放送されたものを録画していたのを昨日鑑賞。


この『キンキーブーツ/Kinky Boots: The Musicalは、2005年の(実話を元にした)映画『キンキーブーツ/Kinky Boots』が原作(←これもずいぶん前に見た。面白かった)。それを2012年に米国でミュージカル化。2013年にブロードウェイで大ヒット。2015年には英国ウェストエンドで公演。世界中でも様々なプロダクションで公演された作品(日本では2016年と2019年に三浦春馬さん小池徹平さん主演で公演)。歌の歌詞と作曲をシンディー・ローパーが担当。

大変な評判で米国のトニー賞、 グラミー賞、  英国のローレンス・オリビエ賞などの数々の賞を受賞。米国のオリジナルのプロダクションは、トニー賞で13もノミネートされ、そのうち6部門で受賞。その主演男優賞が、ドラァグ・クイーンのLolaBilly Porterさん!キャーッ ヤッホー

ところで私、日本で三浦さんがローラをなさったとは知らなかったわっ!まーっそれは大変よッ❤❤❤


映像化されたこのプロダクションは英国ロンドンの2015年のもの。主演はMatt Henryさん(Lola)とKillian Donnellyさん(Charlie Price)。


ああそうか…これは英国のプロダクションだったのね。そうかそうか…いやなんでビリー・ポーターさんじゃないのかと思っていた。

ミュージカルのライブの映像化は演者にとってはかなり緊張するのかもしれぬ。実はこのロンドンのショーは、始まって暫くは皆調子が悪いのかと思ってしまった。ちょっと音がはずれているかも…。いやミュージカルは生の舞台ですからそういうものなのかも。実際去年この地で見たブロードウェイのツアーの『Rent』も最初は皆ノリが悪いなと感じたのですよ。

それが、時間が過ぎるとともに演者ものってきてどんどん良くなっていく。それがかなりはっきりわかって面白い。


ドラァグ・クイーンが最初に出てくる場面で会場が沸く。そのあたりからだんだん温まってくるのがわかる。それから上手いなと思ったのはLauren(チャーリーに惹かれる工場の女の子)を演じたNatalie McQueenさん。彼女は表情も豊か。声もよく通る。彼女の最初のシーンでかなり盛り上がる。彼女は舞台栄えするというのか…実はこの公演で最初に輝いたのは彼女ではないかと思ったほど。

それからどんどん周りも温まってきて、LolaMatt HenryさんもCharlie Killian Donnellyもどんどん声が伸びる伸びる。それぞれのソロは圧巻です。

舞台は本当に生もの。観客の反応や、演者同士の熱量、全てが化学反応になってどんどん盛り上がっていく。それが面白い。


ああ~そうなのね…それを見ていて、ああ~やっぱり舞台は映像じゃだめやな…と改めて思った。いやこの映像は素晴らしいプロダクションなのだけれど。舞台はやっぱり生がいい。

私の住むこの地で見られるミュージカルは、ブロードウェイのツアーと、年に4回の地元の劇場のアマチュアの演者による公演なのですけど、どんなレベルであってもやっぱりミュージカルは生のエネルギーを感じられるほうがいい。どんなにアマチュアの歌が下手でもやっぱり舞台は生がいいと思う。

そんなことを、このロンドンのウェスト・エンド公演の素晴らしい映像を見ながら思った。特にミュージカルは生がいい。何を見てもそうなのかもなぁ。


このKinky Boots: The Musicalは、去年の秋にたまたまこの地の小さな劇場でアマチュアの演者による公演があったのです。それがすごく楽しかった。ドラァグ・クイーンが沢山出て来て盛り上がる盛り上がる。190cm以上の大きなクイーンがいたり、細い人やものすごく筋肉の綺麗なクイーンがいたり、もうそれだけで楽しくてしょうがない。

私はなんだか知らねどドラァグ・クイーンが好きですね。大好きだわ。今一番面白いエンタメ。本当に楽しいもの。大好きだ。

だからこのロンドン公演も、ドラァグ・クイーンが何人も出てくる場面はもう嬉しくてしょうがない。なにがいいのかなぁ。あの脚ですかね。脚が長い長い長い…あれがいい。ダイナミックですよね。かっこいいな。あのかっこよさは女性には出せないです。すごいわ。

というわけで英国ウェスト・エンド公演の映像を見て、実際に見たこの地のアマチュアの劇団の公演を思い出し、そして大好きなビリー・ポーター姉さんのYoutube映像を漁って見る見る見る。ああビリーさんが見たいわ。好き好き。なんだ上手くまとめられない。笑


Billy Porter, Tory Ross - Sex Is In The Heel (Kinky Boots)(2013)