2017年1月23日月曜日

オバマさん、ミシェルさんありがとう❤❤❤



先週の金曜日に、もう次の大統領が決定してしまったわけだけれど、
オバマさんご夫妻に感謝です

オバマさん2009年から8年間どうもありがとうございました。


海亀が米国に移住したのは2008年。その年の年末、オバマさんはアメリカの大統領に選ばれた。驚きましたよそれはそれは…それはもう本当に嬉しかった。

…(それ以前に)10年間暮らした英国で学んだことはとても多く、実際に「私は英国に大人にしてもらった」と今でも英国には大変感謝しているわけですが、(今だから言える)実は欧州白人のアジア人に対する扱いにちょっと疲れたかなというのもあったわけで…。

そういうこともあって2008年にアメリカに移住してきて、その年の年末に

アメリカ合衆国で初めての
アフリカ系の大統領

が選ばれた事が私は本当に嬉しかった。心から(涙)。

その時滞在していた部屋でTVを見ながら、その場にあった紙に赤と青のペンでアメリカの国旗を描き、割り箸に貼り付けて涙を流しながら振り回し、旦那Aにあきれられ…。私は嬉しかったのだ。ほんとに。

やっぱりさすがアメリカや
アメリカは違う
アメリカに来て良かった(泣)

あれから8年。
 

…私はオバマさんご夫妻が大好きなのよ。いつも仲良し。いつもにこにこ見つめ合って、冗談を言って笑い、いつもベタベタ。演説をすれば天才的なカリスマのオバマさんが、ミシェルさんの前ではなんだかおとなしいニコニコおじさんになるのもいい。子供達の前では優しいお父さんとお母さん。家族に囲まれたオバマさんが本当に幸せそうに笑うのもいい。苦労人のオバマさんはおおらかなミシェルさんに本当の幸せを貰ったんだろうと思う。理想の夫婦。
 

時間が経つにつれてオバマさん以上にミシェルさんももっと好きになった。ハーバード出の才媛にも関わらす、TVのトークショーに出演して歌ったり踊ったり買い物に出かけたり腕立て伏せをしたりコントをやったり、いつも親しみやすく明るくておおらかで…。ファースト・レディの彼女がそのように親しみやすく振舞うことで国民に影響力を持つことを誰よりも理解していた方で…アメリカの子供達に野菜を食べるよう指導し、ホワイトハウスには様々なエリアから子供達を招待して政治に親しみをもたせ、軍人の家族を支援し、女の子達の教育を向上させるため活動し…。
 

オバマさんご夫妻は、お二人とも人として素晴らしい。こんな方々が大統領夫妻になることはもう暫くないのかもしれない。オバマさんが特殊。良すぎて特殊。(今回選ばれた新大統領を見ても)オバマさんはやっぱり奇跡だったのかもしれないとも思う。もうこんな大統領はあらわれないのかもしれない。
 

政治家が選挙のために綺麗ごとを並べるのは当たり前。しかしオバマさんは心からアメリカを良くしようと努めた方。私欲ではなく、真に弱い者の味方であろう、困っている人々を助けよう、人々をより良い方向に導こうと常に考えてきた方。人種問題を過去のものであると真に人々に信じさせることができた方(アフリカ人の父親を持ち母親の白人家庭で育ち+家族にアジア人も多数、出身は人種問題がほぼ存在しないハワイ)
 

オバマさんは正しい人。真摯で真面目な苦労人。それを支えるミシェルさんも大変な努力家。お二人とも努力をして階段を登ってきた方々。だから全ての国民の真の目標、理想になれた。お二人を見ているだけで、アメリカの知性と良心を信じる事ができた。

海亀はホワイト・ハウスを去ったお二人が名残惜しくて、今でもTVの録画用HDに年末から録画したオバマさんのインタビューを残したままにしている。暫く消せないと思う。

オバマさん8年間おつかれさまでした。
感謝してます。ありがとうございました。


 

2017年1月20日金曜日

映画『フェンス/Fences』(2016):頑固オヤジにしっかり者のお母さん・力強い傑作






-----------------------------------------------------------------------------
Fences2016年)/米/カラー
139分/監督:Denzel Washington
-----------------------------------------------------------------------------

 

ヴィオラ・デイヴィスさんに主演女優賞を!…おっと助演女優のカテゴリー? そうかデンゼルさんの方がよく喋ってたもんね。もちろん彼が主役ですね。しかしこの映画の真の主演はヴィオラさんのローズお母さんだと思う。素晴らしいです。

…いや、デンゼルさんのトロイお父さんもすごいですよ。すごい迫力。ああこういう人は昔の日本にも実際にいましたね。昭和の頑固な雷オヤジ。ものすごくリアル。


デンゼル・ワシントンさんが監督+主演のこの映画は、もともとオーガスト・ウィルソン/August Wilsonによる1987年の舞台劇。劇は同年Pulitzer Prize for Dramaを受賞。その後2010年にデンゼルさんとヴィオラさんでブロードウェイにて再演(なんと贅沢な)。この映画はそれを映画化したもの。

舞台劇らしく登場人物は少ない。全員で7人。登場人物が少なくても脚本がしっかりしているので違和感はない、それぞれの俳優さん達が素晴らしく演技も自然。実は最後まで舞台劇が元になっていたと気がつかなかったほど。最後にクレジットが流れて登場人物の数か少なかったことに驚かされた。

シンプルな話です。登場人物が出てきて、会話をして物語が進んでいく。シーンも家の中のみ。全て会話で話が進む…のに映画として見ても全く不自然じゃないのがすごい。どんどん話に引き込まれる。

 
★ネタバレ注意

家族の物語です。シンプルなストーリー。時は1950年代の米・ピッツバーグ。登場人物は、負けん気の強い頑固オヤジに、真面目な若い息子。しっかり者のお母さん。ミュージシャンを志す(お父さんの前の彼女との)息子。お父さんの会社の同僚。そして病気の伯父さん…。

最初は独特なアクセントの早口な台詞を聞き取るのに苦労したが、次第に言葉の言い回しや響きに慣れてくるにつれて、…これはちょっと昔の日本の家族の話みたいだと思い始める。会話の内容をそのまま昭和の日本にもってきても馴染むのではないか。


トロイさんは清掃会社に勤める53歳。声が大きくてよく喋る。所謂ワンマン頑固オヤジ。我が強くプライドも高い。若い頃一度はスポーツ(野球)を志したが断念。昔はワルで臭い飯を食った時期もあった。それでも男気に溢れ若い頃はきっといい男だったに違いない。ローズお母さんはそんなトロイお父さんに惚れたのね。

しかしオヤジは頑固。腹を決めたら意固地。自分の意見を意地でも曲げない。息子達にも一方的に自分の考えを押し付ける。ティーンの息子コーリィが「大学でアメフトをやりたい」と言えばダメだと言う「そんなものはやめちまえ…どうせ白人に差別される」しかし息子は納得しない。そこでオヤジと息子は喧嘩。息子が「父さん、どうして僕が嫌いなの?」と問えば「俺は親としての責任を果たしてきたんだ。わかったか」と怒鳴る。甘ったれたこと言ってんじゃねぇ…と言わんばかり。

(若い頃の女性との間に生まれた)現在30代の息子リオンにも厳しい。彼はミュージシャンを目指しているんだけれど、時々金欠になってお金を借りに家へやって来る。それを見て「おまえもそんな風にふらふらしてないできちんとした仕事につけ。うちの会社に口を利いてやってもいい」と毎回説教。


頑固親父の言うことは絶対。彼は彼なりに息子を愛しているんだけれど、優しい言葉をかける前に説教を始めてしまう。「ダメなものはダメ」と頭ごなしに叱りつけるからティーンの息子は反発してしまう。こんな親子は昔の日本にもいましたね。

そんな親子を優しいお母さんがとりなして日々は過ぎる。トロイの会社の同僚で友人のボノさんは金曜日の仕事帰りにいつも家に立寄って雑談。時々戦争で傷を負ったトロイの兄ガブさんもやってくる。みんなの集まる家庭をローズお母さんがしっかりと守る。

そんな風に話は進んでいくんだけれど、途中で「事件」が起こる。そこから話は一気に急展開。


その「事件」からローズお母さんが輝き始める。最初は父と息子…男ばかりの話だと思っていたのに、途中からこのお母さんの話に変わっていく。前半で皆の諍いをとりなし、皆を迎え入れて穏やかに笑っていたお母さんの人生が徐々に見えてくる…心を奪われます。

健気な昔の女。夫を支える古風な女…一見後ろにひっこんで見えていたローズお母さんは、実は幸せを自分の意志で摑んで自ら作ってきた女性。決してワガママな夫に振り回されるだけの弱い女性ではなかった。不当に扱われれば夫にも強く立ち向かう。辛いことがあってもそれを自力で幸せに変えていける芯の強い女性。彼女はきっとどんな状況でも幸せを作り出していける。

彼女の夢はシンプル。好きな男と結婚して安定した家庭を作ること。すがすがしいほどにシンプルだけれど彼女にとっては確実な幸せ。その幸せを実現するためにコツコツと人生を紡いできた。綺麗に整えられたキチンとダイニングの様子でそれがよくわかる。そんな彼女の生き方に改めてはっとさせられる。

だからトロイさんのような男も彼女に惹かれたのね。若い頃に荒れていた彼も、彼女のおかげで安定した幸せな生活を送れるようになった。そんな安定した人生を息子にも歩んで欲しい…いや自分よりももっともっと大きく成功して欲しい…息子たちには夢ばかり追って(昔野球でうまくいかなかった)自分のようにはなって欲しくない。だから息子たちにも(安定しない)スポーツや音楽はダメだと説教をする。それは親心。

トロイお父さんにはよくわかっている…安定した生活のありがたみは十分にわかっている。しかし彼にも心の弱さがあった…。

…「事件」の内容を話した後で、ローズお母さんにガチに怒鳴られるトロイお父さんの「ああ…ヤバイ…」という表情が大変素晴らしい。


最後の場面、ローズさんが家族に囲まれている様子にとても感動する。彼女はきっとこれからも家族に囲まれ、皆に大切にされて年を取っていく。彼女の家は家族の集まる場所。いつかそれぞれの子供達も家族を連れてやってくる。彼女は自ら幸せを作り出す。そんな奥さんを持ってトロイお父さんもきっと幸せだったに違いない。この映画は彼女の生き方に静かに感動する映画。

いい話です。私が女だからこういう見方をするのだろうけどローズお母さんはいい。映画が終わった後も、彼女の今後を考え、彼女の家族の未来を考え、これからどうなるだろうと思いを馳せる。余韻が残る。そんな映画は近年珍しい。


それにしても舞台劇の映画化はいいものが多い。脚本が熟成されているからなのだろう、ほぼ人物達の会話だけで感動できるのはすごいことだと思う。よく練られた脚本に役者さんの力技。こういうタイプの映画は大袈裟な演出がなくても脚本と演技だけで人を感動させることができる。とても贅沢な芸術だ。

年を取ったせいなのか、近年どうも映画作品のアラが見えやすくなって映画そのものを以前ほど楽しめなくなったような気がするのだか、この映画は本当によかった。いい劇は心に響きます。いつまでも余韻が残るいい映画。

それぞれの脇役のキャストも素晴らしい。友人のボノさん、それにトロイさんの兄ガブさんのお二人は2010年の舞台でも共演しているそうだ。

いい脚本の芝居を丁寧に映像化した素晴らしい映画。久しぶり心に残った映画。一見地味だけれど、とても力強い映画です。この映画に賞をとって欲しい。


ちなみにタイトルのFENCES(柵)とは、
トロイさんにとって死神から自分と家族を守る柵であると同時に、息子に対する距離(心の壁)。またローズさんにとっては愛する家族を守る彼女の意志を示しているらしいです。


2017年1月18日水曜日

お猫様H:今年の猫



新年も、もう18日ですか…
こんにちは
尻尾が長い
お目目ぱっちり
なでなで
 
海亀はまた風邪をひきました。
毎年恒例ですな。参ったね。今年は旦那Aも珍しく熱でダウン。いったいどこからウィルスを貰ってきたんだろう?
 
海亀はアメリカの強力ビタミン剤 Airborne®という奴を飲んで、なんとか熱を出さないように頑張ってます。効いている気がする。

2017年1月12日木曜日

映画『ラ・ラ・ランド/La La Land 』(2016):現代の普通の若者のミュージカル





 
 
-----------------------------------------------------------------------------
La La Land2016年)/米/カラー
128分/監督:Damien Chazelle
-----------------------------------------------------------------------------


ライアン・ゴズリングと言えばカ・ラ・ダ…カラダカラダカラダ…ふぅ…と以前見た映画『ラブ・アゲイン/Crazy, Stupid, Love (2011)で思ったのでございます。ええ男やね。知り合いの若者にも似ているので、エエ男というよりも「なかなか将来楽しみな若い子」というべきか。しかしこのお方、もう36歳なんだって。もっと若く見えますね。

というわけで、ライアン・ゴズリング君に注目…と思っていたのに、その後彼はマッチョな映画(よく知らない)に出ている事が多くて、結局その『ラブ・アゲイン』以降、彼の映画は一つも見ることなく時が過ぎてしまった。え?『マネー・ショート The Big Short (2015)に出ていたの?まったく気がつかなかったわ。影が薄い?

今回、ライアン君はその『ラブ・アゲイン』で共演したエマ・ストーンちゃんと一緒にミュージカルをやる。へーお歌も歌えるの?踊れるの?それじゃあ見に行きましょう行きましょう。


この映画も、見ている最中にあまり頭を使うことなく素直に見れました。深く考えなくてもいい。冒頭から『フェーム/Fameばりに道路で皆が踊りだす。おぅ…こういうのはいいね。最初からワクワクさせられる。

ハリウッド製のこの手の映画を見ているといつも思う…アメリカで成功している俳優さん達というのは本当に才能があるよなぁ。見目形が素晴らしい上に、台本を覚えられる頭脳もあって、演技もできて、おまけに踊って歌える。なんとマルチな才能なのだろう…といつも感心する。特に予想していなかった俳優さんがミュージカルをやっているのを見ると、またびっくりさせられるわけです。

今回のエマ・ストーンちゃんも、ライアン・ゴズリング君もまさか歌えて踊れるとは思わなかった。構成も演出も飽きさせることなく、ストーリーのリズムも良くていい映画でした。十分楽しめた。いい娯楽映画。

上の予告編/トレーラーの印象よりもずっといい映画です。


★ネタバレ注意

ただ文句がなかったわけではない(ここからがメイン)

正直な印象、

なんだか地味だわ。

だってこれハリウッド製のミュージカルなんだもの。もう少しキラキラしていて欲しかった。なんだか地味なのよ。なんなんですかね。
 
おそらく…あまり言いたくないけれど、

俳優さんが地味。

…おっと困ったね。
 
ライアン・ゴズリング君…確かにエエ男なんですよ彼は。しかしなんだろう…この俳優さんは押しが弱いのかな。声が弱い。なんだか後ろに引っ込んで見えてしまう。カリスマが足りないのかな…なぜだろう不思議。ハンサムなのに画面に迫ってくる迫力がない
 
エマ・ストーンちゃん。目が大きい。とんでもなく大きい。ちょいカワイイけどバランスがいい顔ではないと思う。ちと妙な顔。彼女も歌えるし踊れる…なのになぜか輝かない。
 
もしかしたらお二人ともミュージカルには向いていないのかも。
 
もしかしたらこの映画、今売れてる若い俳優さんをとりあえず2人連れてきてミュージカルを撮りましょうと撮った映画なのでは。顔が知られていて客が呼べるならならそれだけでOKなキャスティング。このお二人は特に歌やダンスが上手いわけでもないですよね。
 
現代は音声を技術的に調整できるので、飛びぬけて歌が上手くなくてもミュージカルに出演できる。ひととおり踊れればいい…。どうもそういう風に見えてしまったのは気のせいだろうか。
 
 
ワタクシ、ミュージカル映画にはもっともっともっと派手ゴージャスでゴテゴテの華やかさを求めてしまうのよ。

比べちゃいけないんだろうけど1940年代50年代のハリウッドは本当にすごいぞ。ジーン・ケリーやリタ・ヘイワースは本当にすごい。『カバー・ガール/Cover Girl (1944)『雨に唄えば/Singin' in the Rain (1952)のジーン・ケリーは超人。曲もいい。歌も無茶苦茶上手い。マイケル・ジャクソンも彼のファンだったそうだ。マリリン・モンローだって『紳士は金髪がお好き/Gentlemen Prefer Blondes (1953)はとてもいい。ジェーン・ラッセルも声がいい。キラキラしてとても綺麗。
 
いいミュージカルならそんなに昔まで遡らなくてもいい。
 
 『キャバレー/Cabaret (1972)
 『オール・ザット・ジャズ/ALL THAT JAZZ (1979)
 『フェーム/Fame (1980)
 『コーラスライン/A Chorus Line (1985)』、
それに近年なら
 『ムーラン・ルージュ/Moulin Rouge! (2001)
 『シカゴ/Chicago (2002)
 『レ・ミゼラブル/Les Misérables (2012)

みんなそれぞれいい。それぞれ俳優さんの声に力があって、せまり来る肉体の迫力もすごいです。みんなそれぞれがいろんな意味で華やか。
 
いいミュージカルには、声の迫力や肉体の美しさ…観客をスクリーンに飲み込んでしまうような強さがある。いいミュージカルの要は人間の迫力だと私は思うんですよ。人並みはずれた超人を感嘆して堪能できる…のがいいミュージカル映画。一流のスター達…ジュリー・アンドリュースも、ジュディー・ガーランドライザ・ミネリもみんな力強いです。ミュージカル映画で見たいのは俳優さんたちから放たれる力、エネルギー。
 
この映画はそれがちょっと足りないのかな…と思ってしまった。どうも現代の普通の人が、普通に歌って普通に踊ったミュージカルという感じだろうか…? 
 
 
行き過ぎのジャズ至上主義もちょっとどうよ…という場面もあって、エマちゃんがライアン君のバンド活動に文句を言う場面は「やめなさいよ」と思いました。だってワタクシ、ジャズも大好きだけど、ロックやポップスももっと好きだもの。あのジョン・レジェンドさんのバンドを貶すのはちょっといただけない…。
 
というわけで、巷ではこの映画がオスカーを取ると言われているんですが、ワタクシ的にはちょっと

迫力が足りない

と思いました。

映画の魔法が足りない。

好みの問題ですね。私はミュージカルにはもっと力強くあって欲しいんだろうな。ライアン君のカラダもあまり印象に残らなかった。それでも十分楽しんだことは間違いないんですけどね。

 

2017年1月11日水曜日

BABYMETAL:4月にレッチリのサポート決定!






今年の予定が出ました。

何と去年の年末に英国で前座をつとめ大成功したRed Hot Chili Peppersのツアーにまた同行するそうです。今度はアメリカよ。


★スケジュールは以下の通り
Red Hot Chili Peppers + Babymetal 2016 US Tour Dates:
4/12 Washington, D.C.,  ワシントンD.C @ Verizon Center
4/14 Atlanta, GAジョージア州 @ Philips Arena
4/15 Raleigh, NCノースカロライナ州 @ PNC Arena
4/17 Charlotte, NCノースカロライナ州 @ Spectrum Arena
4/19 Columbia, SCサウスカロライナ州 @ Colonial Life Arena
4/22 Little Rock, ARアーカンソー州 @ Verizon Arena
4/24 Jacksonville, FLフロリダ州 @ Jacksonville Veteran's Memorial Arena
4/26 Orlando, FLフロリダ州 @ Amway Center
4/27 Tampa, FLフロリダ州 @Amalie Arena
4/29 Miami, FLフロリダ州 @ American Airlines Arena

 
10日間。今回はアメリカの東南です。今回もあちらからのオファーかな。もう年末には決まっていたのかもしれませんね。英国は大成功でしたからね。すごいな。
 
 
BABYMETALちゃんに関するニュースは、もうあまり驚かなくなりました。海外遠征が当たり前になった。
 
このブログで最初にBABYMETALをとり上げた時に
「海外にいけるんじゃないか」
と思ってからもう3年半。BABYMETALは「このバンドは海外でこれくらいはいけるんじゃないのか」と海亀が最初に想像したレベルをとっくに超えてしまいました。
 
去年アルバム2作目を出して、英国のメタル誌でBest Live Bandを受賞した時点で、海外での目標の一段階はクリアしたな…と思った。9月には東京ドーム2日間も完売して、グループが最初の勢いで上れるところまでは上りつくした感もあった。
 
さて今年からどうするのだろう。

 
ともかく海外展開ゲームの最初のレベルはクリアしたわけで、これからは次のレベルになるんだろうと思います。その次の段階の敵とは
 
米国本土。

これは手ごわい。ここから何処までいけるのかは本当に誰にもわからないと思います。というのも(このブログでは以前にも「Perfumeを海外へ」や「日本人はスーパースターになれるのか」で書いたのですが)アメリカとは異国の文化に殆ど興味をもたない人々の国。そんな閉じた国に外国人…アジア人が芸能で切り込んで行くのは本当に難しい。こちらの問題ではなくて、未知の物に心を閉ざしてしまっているアメリカの人々の問題なんですね。BABYMETALはそんな強大な敵にどこまで斬り込んでいけるのか?

その第一歩が大物バンドの米国でのサポートツアーという事なのだろうと思います。そして(まだ具体的な話は聞こえてこないものの)米国ではTVでのアニメシリーズも決まっている。

サポートの効果もどんなバンドをサポートするか次第。年末に英国で上手く関係を築けたレッチリなら安心でしょう。彼らの観客も多少分野が違うとはいえ、レッチリが昔から色んなタイプの音楽をやってきた事を考えれば、心の広いファンも多いだろうと思います。興味を持ってくれる人も結構いるかもしれない。

サポート決定おめでとうございます!


おっと本日アジアは111日(水)、
BABYMETALさんは韓国で

メタリカ先生のサポートですっ!

頑張ってくださいっ!