2016年12月2日金曜日

Gacharic Spin - 今を生きてる~2013年春 (2013)



歌を聴いて涙が出ることもある。




Gacharic Spin - 今を生きてる~2013年春 (2013)

Album:  ガチャっとBEST<2010-2014>
リリース: 2014年10月1日
℗ Victor Entertainment


昨日「男前な女性バンドを考える」を書いてから、そういえばGacharic Spinさんはどうしているのだろう…と映像を漁ってみたら出てきた。そうだ、この曲は以前聴いたはずなのに、どうしてとり上げなかったのだろう。

いい曲です。

歌が直接心に響くことがある。琴線に触れる。ちょっと涙が出た。私は若い女の子達が頑張っている様子を見るとぐっとくるのね。いやこの曲は全ての若い人々に向けての応援歌でしょう…つまずいても迷っても前に進むしかないと歌う…メロディも歌詞も本当に素晴らしいです。


  僕は何を言いたくて今まで生きてきたのか問いかけてた

  迷いだって嘘だって 壊していくしかない

  衝動がこの先に道を切り開く

  壊して手にしたリスクは自分のもの

  人類が生まれて長い時が過ぎて 出逢えたこと自体が奇跡

  同じ時代 時間を共に作っている そこに何か意味があるはず

  同じ時代  時間  生きてくれてありがとう


言葉が光ります。直球。ネットの空間に見つけた宝石。これはここに記録しておきたい。