2015年7月7日火曜日

お猫様H:お日様の下



猫との信頼関係を築くのは時間がかかる。おっとりした性格で最初からフレンドリーなお猫様もいるのだろうが、うちのお猫様はたぶん繊細。頭はいいと思うのだけどその分警戒心も強いのだろう、完全に心を開いてくれるまでには時間がかかった。

お猫様と暮らすのは初めてなので、何をやっても「猫とはこういうものなのだろう」と思っていたが、以前に比べると今の方がずっと親密。時間をかけて少しずつ心を開いてくれた。

半年ぐらい前まではお腹に触ると、身体を縮めて前脚で人の手をホールド、ガジガジ噛んで後ろ足でケリケリしていた。しかしこの頃は寝ているお腹を触っても伸び伸びと身体を伸ばしたまま、されるがままになってくれる。

今でも抱っこは嫌いらしいが、寝ているところを横からハグするのは許してもらえる。近づくと大抵「ウニュ~」と呻きながら身体を伸ばしてお腹を見せてくれる。…誘っている。

思わずお腹に鼻をくっつけてモフモフする。ふわふわだ。ああ幸せ。

そのままモフモフしていると、お猫様はおもむろに頭をあげ、ワタクシの額をザリッと一舐め。痛い…痛い。衝撃が走る。こんなに痛いものか。サンドペーパーで額を擦られたようだ。イタイヨウ…。


コンパクトカメラをマクロ設定にすると接写ができる。黒猫は光を吸収するのでいい写真がなかなかとれないのだけど、お日様の強い光の中で撮るとなんとか動きのある写真が撮れる。お猫様の舌はずいぶん長い。