2018年8月1日水曜日

NHK大河ドラマ「西郷どん」第24回「地の果てにて」6月24日放送



★あらすじ
西郷島流しAGAIN。徳之島で訊ねてきた愛加那ちゃんと幸せ…が、5日で沖永良部島へ。野晒しの牢に入れられる。役人の土持は親切。しかし西郷、ご飯を食べずに餓死寸前。川口雪蓬に救われ牢から出される。島津久光は勅書を持って江戸に上るが慶喜に嫌われる。慶喜・将軍後見職。松平春嶽・政治総裁職。大久保が謹慎を申し出ながらも久光に上手く取り入ったことに大山+有村が恨み節。
 
 
またまた島編。ずいぶん丁寧にやりますな。徳之島から沖永良部島に送られた話も詳しくやる。徳之島は愛加那ちゃんを出すためか。赤ちゃんが大きくて可愛い。
江戸での久光と慶喜の対面場面はいけない。慶喜がお下品お下品。じわじわと品の無い虐めパワハラ。酷いねぇ。大名に面と向って「芋」とか言う?この場面はコメディとして見ればいいのかどうかもよくわからない。
 
そしてまた島編。海が綺麗です。

西郷は沖永良部島へ。島民はいい人々。しかし変な人雪蓬さんが西郷に意地悪。西郷はご飯を食べずに餓死寸前。助けられる。あんまり話が進まなかったです。