2018年4月19日木曜日

NHK大河ドラマ「西郷どん」第13回「変わらない友」 4月8日放送



★あらすじ
篤姫が大奥に入る。西郷どんは里帰り。大久保どんは嫁をもらう。島津斉彬に子供が生まれる。江戸では阿部さんがナレ死。西郷は江戸へ。大久保は熊本へ。


何も起こらなかったですね。…というより脚本が何も書こうとしてませんね。篤姫の輿入れの準備なんて、西郷さんの頑張りの見せ場はいくらでもあっただろうに見せてくれない。呉服屋と一瞬話をして、材木屋で一瞬木を切っただけ(身分の違いは?)。全く見せる気がないですよね。…で篤姫はあっという間に大奥入り。

島津の殿と西郷どんのサシ飲み。身分の違いは?こういうのって可能なんですか?

そしてまた飲み屋…いや違うこれは飯盛旅籠/遊郭/女郎屋=売春宿…の場面。大山さんはタマちゃんにでれでれ。この人達は少しは勉強してるんですかね。「不犯の誓い」などと言ってますが、ということは西郷さんは普段は結構遊んでいるわけだ…またくだらない話題を。わざわざ文字に起こして見せる必要もなし。シモネタ?実にくだらない。

里帰りの途中に京都で近衛さんと月照はんに会う。またこの月照はんの登場が漫画のような…流し目?こら西郷、お辞儀をしたまま目を泳がせるな品が無い。誰かこの子に礼儀を教えてあげて。

大久保どんは嫁を貰う。知り合いだそうですが、過去にそんな場面は一度もなかった。

西郷どん、友人達と集まってうだうだ話をしてキレる。そりゃー江戸での毎夜の遊郭通いを故郷の友人達には話せないやろうね。その後も15分ぐらいうだうだやって西郷どんは江戸へ。大久保どんは熊本へ。
何にも起こってないわ。うだうだ意味のないことを喋ってるだけ…その会話の中身も全く無い。

この人達が世の中を変えていくとは全然思えないですね。この人達少しは勉強してるのかな。