2017年11月28日火曜日

映画『サウスサイドであなたと/Southside with You』(2016):大統領夫妻の初デート






-----------------------------------------------------------------------------
Southside with You2016年)/米/カラー
84分/監督:Richard Tanne
-----------------------------------------------------------------------------

 
これも1年ぐらい前に見た映画。記憶がはっきりしていない部分もあったので、Netflixでもう一回見た。
 
すごく微笑ましい映画です。登場人物が去年までの米国の大統領とファーストレディという超有名人なわけですが、それを抜きにしても妙にリアルな若いカップルの初デート物語。
 
実はストーリー内のほとんどのエピソードが実話らしいです。なるほどリアルなわけです。それにしても、誰もが知るあの仲のいい大統領夫妻が、最初はこんなにギクシャクしたカップルだったとは…笑。今は有名なおしどり夫婦ですからね。面白いですね。
 
 
★ネタバレ注意
 
最初はミシェルさんがオバマさんに全く惹かれていないのね。よくある話。男の子の方が先に好きになってなんとか女の子との距離を縮めようとがんばる。
 
しかしデートの相手の車に乗ったら床に穴が開いてるなんて…女の子はちょっとひくと思います。この男の人は28歳なのにまだ学生で、おまけに穴の開いた車に乗っている…怪しい。だから25歳の優秀な弁護士ミシェルさんの戸惑いもよーく理解できる。
 
ミシェルさんにその気はゼロ。彼女は最初からずーっと「これはデートじゃないわ」といい続ける。彼女から見た当時のオバマさんは…自分が働いている弁護士事務所のオフィスに(学校の夏休みの間だけ)見習いで来ている学生(Summer associates)。そんな自分よりも下の男と付き合う気など彼女には更々ない。彼女にも自負がある。
 
それに(世間的にも)自分の部下と簡単に親しくなるような軽い女とは見られたくない。今まで努力して勝ち取ってきた信用を帳消しにするような軽はずみな行動はしたくないわけです。そもそもミシェルさんは仕事に一生懸命で恋愛どころじゃないと思っているらしい。
 
どう見てもオバマさんが彼女を落とせる可能性は無いに等しい。
 
今までも彼女を普通のデートに誘ったけれどOKしてくれなかった…だからオバマさんも作戦を考えた…自らの関わるサウスサイドのコミュニティーのミーティングを口実にやっと彼女を誘い出すことができたわけで
 
なんとかミシェルちゃんにこちらを向いて欲しい。いいぞ頑張れ。応援したくなるぞ。頑張れオバマ選手。でもパイを買ってきたら「パイは嫌い」と言われてしまう 😭 悲しいな。
 
 
結局、美術館に行ったり映画を見たりしてそれなりに普通のデートをするわけですが、このお二人…よく喋る。お二人とも頭のいい方々なせいか、戸惑いとかはにかみとか恥じらいとかロマンチックとか…若い男女の初デートらしいふわふわした感じはほとんど無い。いかにも会社の同僚のようにただただ喋って…喋り続けていたら…少しずつ距離が近づいていった感じ。ロマンチックに惹かれ合うというよりも言葉と行動でお互いを理解し合った様子ですよね(実は結婚にはそれがいい)。
 
もちろんお互いに強く惹かれた決め手の場面もあって、
…オバマさんにとっては、ミシェルさんが公園でドラムの音にあわせてダンスを踊る場面。それを見てオバマさんが「いい女だぜ」という顔をする。
…ミシェルさんにとっては、オバマさんの地域コミュニティーのミーティングでのトークの場面。彼は流石に人を惹き付けるのが上手い。「この人は人々に希望を信じさせることが出来るのかも」とミシェルさんもちょっと彼をリスペクトしてしまう。好きメーターがちょっと右に動く。
 
二人ともすっかり打ち解けてパーソナルな話を始める。
んいい感じいい感じ。
 
バーに移動して…オバマさんの元カノの話が出る。白人の女の子だったそうだ。どうだったの?…と聞くミシェルさんの問いにオバマさんが答える「(彼女の家族の家に行った時に)…アウトサイダーではいられないと思った」うわうわーうわーうわーよくわかるわ…うわー重い重い重い…ずっしり。そうなのよ。私もありますあります。そんな話の本筋とは関係ない小さな台詞にぐっときた。いやーその言葉、身に沁みるわね…。
 
さて二人が一緒に映画を見終わったら、たまたま色々と鈍感で失礼な会社の上司にばったり出会う。また少しギクシャク…それでも最後はアイスクリームで仲直り。好きメーターが右にぐっと動いた瞬間。初デートはひとまず成功。オバマさんよかったですね。

 
それにしても、二人が出会った頃のミシェルさんはかなり厳しい雰囲気だったんですね。ガチガチの優等生。一生懸命頑張りすぎて余裕が無い感じにも見える。そんな時に、それまで色々な苦労をしてきたのにどこか達観しているオバマさんと出会ったことはミシェルさんにとっても幸運だったのかもしれません。彼のおかげで彼女も肩の力を少し抜いてリラックスすることができるようになったのかもしれない…と思った。
 
以前は、孤独なオバマさんがミシェルさんの明るさや安定感に助けられた…とばかり思っていたけれど、オバマさんもそのリラックスした人柄でミシェルさんの緊張をほぐして精神的に楽にさせてあげたのかもしれませんね。いいカップルだ。
 
すごくいい映画でした。少しずつ二人の距離が縮まっていくのがいい。未来の大統領夫妻じゃなくて普通のカップルの話としても十分楽しめるいい映画です。友情と信頼から入った恋愛と結婚は上手くいく。オバマさんご夫妻は今でもとても仲がいい。納得です。
 
映画館では、最初にオバマさんが画面に現れた瞬間クスクスと笑い声が起こったぞ。愛されてますね。