2017年9月5日火曜日

Perfume:「If You Wanna」の映像解禁



イメージの勝利



Perfume - If You Wanna (2017)
 
If You Wanna - Single
Released:  Aug 30, 2017                     
℗ 2017 Wrasse Records Limited
under exclusive license from Universal Music, LLC
 

この曲を「Music」のカテゴリーでとり上げるのはやめた。曲は展開が無さすぎ。短すぎ。歌詞も「If you wanna love me…kiss me」しか言っていない。曲と言うには単純すぎて印象に残らない。

しかしこの映像はいい。この映像で音も綺麗に聴こえ始めた。音がキラキラしてる。SF的なイメージがいい。Perfumeにはこういう世界がよく似合う。


過去の名曲「エレクトロ・ワールドのリリースは2006。「Twinkle Snow Powdery Snow2007年だそうだ。このMVカメラの回り方や角度、衣装があの2曲のMVどこか似てますね。(そんな言葉が存在するのかどうかわからないけれど)これはセルフ・オマージュというべきか?

この映像を見て、(私は2006年当時の彼女達を知らないのだけれど)Perfumeが若い頃、関さんの作ったバーチャルな空間で踊っていた頃を考えてしまった。あの二つのMVが作られてからほぼ10年経った。あの可愛かった少女達は大人になって今本当に綺麗だ。

懐かしいのかなんなのか…ちょっとしんみりとしてしまった。


今のPerfumeに違和感がないわけではない。

中田さんの近年のPerfumeの曲は音の質感は相変わらずかっこいいのに、メロディが単調だったり甘過ぎたりウェット過ぎたり踊れなかったり。この曲は短すぎ。構成がシンプル過ぎ。ここまで歌詞が無いとどう受け取っていいのかもわからない。ダンス用に特化しているのかと思っても必ずしも踊り易い曲でもない。そもそも短すぎてイントロ程度にしか聴こえない。もう少し展開して全体に4分ぐらいの曲だったら名曲になったかもしれないのに、もったいないと思う。単純すぎる曲と言えばちょっと前の「Display」もイントロだけで終わっちゃったような曲。なんだか近年の中田さんの曲には、昔のようにぐっとくるものがない。

実はMIKIKOさんのダンスにも昔ほど惹かれない。曲が単調だからなのか、それともPerfumeダンスに特化し過ぎてしまったのか…、近年のダンスはどうも複雑すぎ、動きがうるさすぎて曲の良さを殺しているようにさえ見えてしまう。この曲もそう。Aメロからサビに至るまでの展開が、スタジオでのダンスでは動き過ぎ。せわしなく踏むステップや∞の形に動く速い手の振りが、曲の繊細な美しさを殺している。サビの振りは流石に上手いなと思うけれど。
…同じことは「Flash」でも感じた。動きすぎて気が散る。近年で最後にダンスが気持ちいいと思ったのはHold Your Handのサビ(絶対割れないキミのガラスの心を伝う涙色の振動に…)のダンスだったかもしれない。最近のPerfumeのダンスは忙しすぎる。おっとEveryday」のサビの振りはいい感じですね。
…もちろん個人的な好みなんだけれど、昔のPerfumeダンスの面白さは、3人が同じ方向を向いて同じ動きをしてピタッと揃うことではなかったのかと思う。曲がよりよく聴こえるようなダンス…無理をしない自然なダンス。昔のPerfumeのダンスには流れるような魅力があったように思う。ダンスが複雑になればなるほどグルーヴが無くなってきているのではないか。


それでも彼女達の魅力は変わらない。今も彼女達は変わらず美しい。

このMVの彼女達はとても綺麗だ。こちらがPerfumeに期待するイメージどおりの映像。ダンスをしていない部分のSF的なイメージがいい。「エレクトロ・ワールド」のあの少女達は本当に綺麗な大人になった。

久しぶりに生身じゃないPerfumeが見れて嬉しい。ちょっと哀しそうで儚いのがいい。機械の身体は電気がなければ動かなくなる。だから儚い。こちらの勝手なイメージなんですけどね。バーチャルな空間で遊んでいた未来から来た子供達が、美しい大人のアンドロイドになって帰ってきた。ちょっと泣ける。…いや彼女達は冷凍されて惑星間を旅する宇宙人なのかもなぁ。