2014年9月28日日曜日

お猫様H:キッチンで猫をクネクネさせる


もうダメである。もう降参。ブログがすっかりご無沙汰になってしまっているのも、あまりにもお猫様に時間をとられるからである。毎日毎日相手をしろと言われる。

ちろんテレビも見るし、本も読むし、ネットもうろうろするけれど、文を書く前に猫と遊ぶ。そうしなければお猫様は僻んで部屋の隅で拗ねてふて寝を始めるからだ。そして仕返しに後でガジガジ噛まれる(泣)

ベタベタされるのは嫌いで未だに抱っこも大嫌い。それなのに無視されるのは我慢できないらしい。とにかく注目されたがる。無視して人間が会話を始めると「ヤウーン」と自己主張。人間が他の部屋で話していれば、いちいちやってきて仲間に入れろと主張する。

よそよそしく見えて実はものすごく甘えん坊なんだろうと思う。ものすごく寂しがり屋だ。だからどこでもいちいちついてくるし、なんにでも首をつっこみたがる。キッチンで料理をすれば床や椅子に座ってじっとこちらを見ている。洗濯物をたためば洗濯物の上に座り込む。食事をしているとテーブルに上がりたがる。シャワーを浴びればドアの外に座り込んで終わるのを待っている。旦那Aがデスクワークをしているとキーボードの横に寝そべって仕事を眺める。夜も私や旦那Aに背中やお尻をくっつけて寝る。1日中べったりと一緒にいる。

外出して帰ってくると機嫌が悪い。1人(匹)にされると寂しいらしい。ドアまで出迎えてくれて最初はベタベタしているが、そのうちなんだかふてくされてくる。表情でわかる。「一人にしてごめんね」などと撫でたりするとガジガジ噛まれる。「なんで一人にしたんだよ」と怒っているらしい。ここで手を引っ込めるともっと食いついてくるので、そのまま噛ませているとそのうちザリザリ舐めてくれる。噛んだ後はちょっと申し訳なく思うらしい。お猫様が噛むのはお猫様なりの不満の表現だと最近気がついた。もちろん傷になったことは一度も無い。引っ掻かれたことも一度も無い。ガジガジ噛むだけ。噛まれるよりも腕の内側をザリザリと舐められる方が痛かったりする。

猫はとにかく面白い。こんなに感情が豊かだとは知らなかった。感情が複雑で人間に近いとどこかで読んだが、たぶん本当だと思う。記憶力もいい。嬉しい、楽しい、甘えたい、寂しい、不安、めんどくさい、うざい、ムカツク、飽きる、ツマンナイ…いろんな感情が顔と態度に正直に出る。気分のムラも人間と全く同じ。声を出して鳴くときはたいてい文句を言っている(笑)。慣れてくると無表情な猫の表情の変化もわかるような気がしてきた。

ところで旦那Aはお猫様を走らせるのが上手い。猫じゃらしでガンガン走らせる。子猫の時だけかと思ったら今でもソファの回りを5周は全力疾走できる。階段も4段飛びで上り下り。早い早い。旦那Aが歩くとドドドドドドドッと音を立てて走り回る。そのせいか肩の筋肉がもりもりしている。それなのに触ればふわふわ柔らかい。本当に可愛い